• Home かもしれない運転

かもしれない運転

事故だろう運転を改めて行うべき運転として、かもしれない運転があります。思い込みの運転をするのではなく、様々なことに対して万が一を想定して運転をすることを意味します。前方の車が急停止するかもしれないから車間を詰めずにいよう、とかいつもは歩行者がいないけれども今日はいるかもしれないからきちんと一時停止しよう、といったこの後起こるかもしれないことについても今の状況から先を意識して心構えをしておくことで事故を予防したり万が一事故に巻き込まれても最低限に抑えることができます。

私たちは日々の生活の中で思い込みをしていることがたくさんありますし、運転知識も抜け落ちていることがたくさんあります。日頃の運転では気づかないうちに標識の存在を忘れてしまっていたり、似たような標識は混同してしまい間違って認識をしていることもあります。事故が起きやすい交差点や通学路ではよりかもしれない運転を心がけたり、時には助手席に誰かを乗せて自分の運転を見てだろう運転をしていたり誤った認識をしていたりするところがないかを確認して自分の運転を見直すことが事故防止には重要です。また、免許更新の時には事故の原因や起こりやすい場所、予防策についての講習が行われます。このような定期的に運転について見直せる機会に自分の運転の振り返りとともに安全意識を再確認することで事故防止に努めることが大切です。

《参考記事》
事故の原因だろう運転
交通事故を避けるには