• Home 事故の原因だろう運転

事故の原因だろう運転

交通事故の原因というのは決して大きなものではなく日常の心がけで防げるものがほとんどです。交通事故の原因として最も多いものは安全不確認です。これは、事故全体の3割を占める原因で、安全確認を十分に行わなかったことが原因で起きる事故です。標識通りに一時停止や減速はしても左右の確認をきちんとしていないことで起きる事故がこれに当たります。

事故このような安全不確認につながる事故として、だろう運転があります。だろう運転というのは名前の通り「大丈夫だろう」と一方的に自分に都合の良いように考えて思い込み運転をすることを指します。このくらいは大丈夫だろうと自分に都合よく考えて、つい制限速度よりもスピードを出したり、いつも歩行者がいないからと安全確認を怠ったり、対向車がいないだろうと一時停止せずに交差点に進入したりということが起こることがだろう運転と言います

私たちの日常の運転での様子を都合よく認識してそれが日常化すると正しい交通ルールが頭から抜けてしまい無意識にルール違反をした運転を繰り返すことになり、このような運転は事故を起こしてもおかしくない状態を作り出します。日常的に交通ルールを見直したり、自分の運転が正しいものであるのかを客観的に判断する機会を設けることが事故予防には重要です。

《参考記事》
かもしれない運転
交通事故を避けるには