かもしれない運転

事故だろう運転を改めて行うべき運転として、かもしれない運転があります。思い込みの運転をするのではなく、様々なことに対して万が一を想定して運転をすることを意味します。前方の車が急停止するかもしれないから車間を詰めずにいよう、とかいつもは歩行者がいないけれども今日はいるかもしれないからきちんと一時停止しよう、といったこの後起こるかもしれないことについても今の状況から先を意識して心構えをしておくことで事故を予防したり万が一事故に巻き込まれても最低限に抑えることができます。

私たちは日々の生活の中で思い込みをしていることがたくさんありますし、運転知識も抜け落ちていることがたくさんあります。日頃の運転では気づかないうちに標識の存在を忘れてしまっていたり、似たような標識は混同してしまい間違って認識をしていることもあります。事故が起きやすい交差点や通学路ではよりかもしれない運転を心がけたり、時には助手席に誰かを乗せて自分の運転を見てだろう運転をしていたり誤った認識をしていたりするところがないかを確認して自分の運転を見直すことが事故防止には重要です。また、免許更新の時には事故の原因や起こりやすい場所、予防策についての講習が行われます。このような定期的に運転について見直せる機会に自分の運転の振り返りとともに安全意識を再確認することで事故防止に努めることが大切です。

《参考記事》
事故の原因だろう運転
交通事故を避けるには


事故の原因だろう運転

交通事故の原因というのは決して大きなものではなく日常の心がけで防げるものがほとんどです。交通事故の原因として最も多いものは安全不確認です。これは、事故全体の3割を占める原因で、安全確認を十分に行わなかったことが原因で起きる事故です。標識通りに一時停止や減速はしても左右の確認をきちんとしていないことで起きる事故がこれに当たります。

事故このような安全不確認につながる事故として、だろう運転があります。だろう運転というのは名前の通り「大丈夫だろう」と一方的に自分に都合の良いように考えて思い込み運転をすることを指します。このくらいは大丈夫だろうと自分に都合よく考えて、つい制限速度よりもスピードを出したり、いつも歩行者がいないからと安全確認を怠ったり、対向車がいないだろうと一時停止せずに交差点に進入したりということが起こることがだろう運転と言います

私たちの日常の運転での様子を都合よく認識してそれが日常化すると正しい交通ルールが頭から抜けてしまい無意識にルール違反をした運転を繰り返すことになり、このような運転は事故を起こしてもおかしくない状態を作り出します。日常的に交通ルールを見直したり、自分の運転が正しいものであるのかを客観的に判断する機会を設けることが事故予防には重要です。

《参考記事》
かもしれない運転
交通事故を避けるには


交通事故を避けるには

事故交通事故は自分が起こすことも巻き込まれることも避けたいものです。自分が事故を起こせば相手に対しての責任を負うことになりますし、損害賠償として治療費や故障した車や自転車の弁償が必要です。さらに相手の怪我が重度になると一生残る大きな傷を作ってしまったり障害を負わせることもありますし、命を奪うことだってあります。自分が巻き込まれる時も同様に、大きな怪我をしたり入院をすることになる場合もあります。そして、被害者でも加害者でも事故の後には保険交渉が必要でこの交渉で嫌な思いをするという人も多くいます。特に保険交渉は長引く事が一般的で、日常生活を送りながらとなるといつ交渉が終わるのかと悩まされる方が多くなっているのです。

このようなことを避けるために、多くの人が運転中には交通事故に気を付けているものですが残念ながら事故というのは起きてしまうものですし、なかなかなくならないものなのです。日々の運転の中で中位力散漫な瞬間が原因で事故になることもありますし、逆に事故を防ぐために肩に力が入りすぎた運転をしてしまうとそれも原因になります。日頃の運転の中で事故を予防するためには、すべてのことに注意を払おうとせず、事故の起きやすいポイントや場所、時間といったものを意識して運転することがとても大切です。そこで、ここでは事故の原因になるだろう運転と交通事故を予防するのに役立つかもしれない運転について紹介してきます。

《参考記事》
かもしれない運転
事故の原因だろう運転